資産運用

スポンサーリンク
証券会社

令和3年8月3日)マネックス証券)ONCOMPASSとマネックスアドバイザー運用実績の推移

今後は、最新情報の更新は以下の記事行います。こちらの記事を参考に「おまかせ運用」の参考にしてください。👀AIを使ったロボアドバイザー「おまかせ運用」の資産運用実績の紹介 (teinenlife.com) 7月市況...
証券会社

令和3年7月1日)マネックス証券)ONCOMPASSとマネックスアドバイザー運用実績の推移

マネックス証券で運用中のAI技術を活用した投資一任口座ONCOMPASSと(助言型)マネックスアドバイザーの運用実績の比較を紹介しています。
定年

コロナ禍の定年退職者必見>住民税と国民健康保険料が大幅節税に

(体験談)令和3年度「市民税・府民税 非課税通知書」と「国民健康保険料 納入通知書」が6月に届きました。令和3年度の住民税が【0円】になっていました。さらに国民健康保険料は、所得割【0円】、均等割と平等割の軽減割合【7割】減で、25,540円/年が決定しました。R3年度の国民健康保険料の節税額は25万円以上になります。これから定年退職される方は必見です。
スポンサーリンク
ライフプラン

「損しない年金」「楽しむ資産運用」定年退職からのマネープラン

人生100年時代、第二の人生のマネープランで「ゆとりある老後生活」を実現させる方法を、モデルケースを想定して紹介します。60歳からでも、まだ間に合います、本記事を参考に「損しない年金の受け取り方」と「楽しく資産運用」で是非「ゆとりある老後生活」を実現してください。
老後・介護

体験談)ゆとりある老後生活を実現した資産運用

専業主婦の妻と子供二人の一般的なサラリーマンが、第二の人生のライフプランと老後生活のマネープランを立て、ゆとりある老後生活を実現しています。今回の記事は、ゆとりある老後生活の実現のための資産運用を紹介します。これまでの株式投資・投資信託・外貨建投信・外貨建保険の資産運用の体験談を紹介します。
証券会社

【定年退職後の資産運用】AIを使ったロボアドバイザー「おまかせ運用」(マネックス証券での運用実績の紹介)

人生100年時代、第二の人生のライフプランで「ゆとりある老後生活」を実現するためには、少しでも早い時期から資産運用を始めてください。定年を迎えられた方も、まだ遅くないです。退職金の使い道が決まっていない人、資産運用の選択肢の一つとして、マネックス証券の「おまかせ運用」をお奨めします。
確定申告

【確定申告の所得と所得控除】理解して節税に、初心者にも解る税金計算の流れ

第二の人生の定年退職後のマネープランで、所得税、住民税、国民健康保険料、介護保険料等の節税は重要です。確定申告で「所得」と「所得控除」の内容を理解して「所得控除」を適正に申告し、所得控除額を増やすことで、大幅な節税対策ができます。特に所得控除の内容が重要になります。
確定申告

【特定口座(源泉徴収あり)】を確定申告し還付してもらいましょう。住民税申告不要を選択すればさらに節税できます。

特定口座(源泉徴収あり)を開設して、投資信託や株式等の運用を始めた方も、たくさんおられると思います。しかし、特定口座(源泉徴収あり)で運用している方も、確定申告することで、源泉徴収されている税金が戻ってきます。どのような方が対象になるか紹介したいと思います。さらに住民税申告不要制度を活用する節税メリットも紹介します。
確定申告

【定年退職後の確定申告】家族の社会保険料も控除され大幅な節税になる。

生計を一にしている家族の社会保険料を、本人(納税者)が支払った場合、その額も含めて確定申告することができます。特に定年退職後の確定申告で、配偶者等の家族の社会保険料も含めて申告することで、控除額が増え大幅な節税になります。
確定申告

【確定申告の還付申告】5年間いつでも申告できます。(戻ってくる税金の金額の調べ方はこちら!)

今回の記事の対象者は、一般的なサラリーマンの方です。特に定年退職された方は、翌年必ず確定申告を行い、税金の還付を受けてほしいとの思いから記事にしました。10万円以上還付される場合もあり、思っている以上の金額が戻ってきます。5年前に定年退職された方で、確定申告をしていない人も今からでも申告できます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました