定年・年金

スポンサーリンク
確定申告

≪定年退職後の個人事業≫年金と事業所得の経費を通算することで節税になります。

起業して個人事業主なった当初は、安定した収入が期待できなく、経費が膨らみ赤字になる場合があります。収入が安定するまでは、個人事業のために発生した経費は、正確に確定申告をすることで、年金受給している場合、所得税の還付を受けたり、年金の手取り額が増える場合があります。
定年

【定年時の重要3項目】①退職金の受取り方、②高年齢雇用継続給付制度、③失業保険の申請方法

定年を迎えて、重要となる3項目、①退職金の損しない受け取り方、②再雇用、再就職で継続して働くときに、助かる高年齢雇用継続給付金、③退職後の失業保険で損しない受け取り方、を体験談を含めて紹介します。
定年

【失業保険と年金】の受給方法をハローワークと年金事務所に聞きました。(体験談)

失業保険と年金の両方をもらうことができません。退職後に雇用保険の基本手当(失業給付金)を受給すると、厚生年金は支給停止になります。65歳前に、厚生年金の受給を考えている方(特別支給厚生年金の受給者、繰上受給を考えている人)知らないと大損してしまいます。
定年・年金

【定年退職後のマネープラン】健康保険と介護保険の軽減制度と世帯分離を活用し節税対策を‼

定年退職後の第二の人生のマネープランで、健康保険料、介護保険料で損をしない方法について紹介します。さらに子供等家族と同居する場合に「世帯分離」を選択するメリットについても紹介します。大幅な節税対策になります。
年金

【定年退職の年金額】「ねんきんネット」で事前にシミュレートし、マネープランを立てましょ!

人生100年時代で第二の人生(老後)のライフプランを立てるときに、生涯受給できる年金は、最も重要になります。定年や再雇用満了で退職した後のマネープランを立てる上で、年金の受給額を確認することは不可欠です。「ねんきんネット」に登録し、年金額の確認する方法を紹介します。
定年・年金

定年退職は第二の人生のスタート、素敵なライフプランの作成を

人生100年時代、60歳以降の定年退職は、第二の人生のスタート時点です。 60歳を還暦といのは、60年で干支が一回りして再び生まれた年の干支にかえることから、 元の暦に戻るという意味です。このように還暦の60歳は、第二の人生のスタート時点と考えるのに、最も良い年齢といえます。
定年・年金

【定年退職後のマネープラン】年金の繰上受給と個人事業主を選択(体験談)

ファイナンシャルプランナーの私が、第二の人生のライフプランを作成し、「年金211万円の壁=住民税非課税世帯」の恩恵を受けるため、62歳から「年金の繰上げ受給」を選択、さらに資格を活用し、年齢に関係なく、好きなだけ、働ける個人事業主になることを選択しました。
年金

高年齢者雇用安定法の改正と年金制度改正法の隠れた思惑

2021年4月1日からの高年齢者雇用安定法の改正と、2022年からの年金制度改正法成立などの法改正が行われます。この法改正には隠れた思惑があります。年金受給額が211万円or155万円を超えてしまい、年金手取り額で損をする人が増えます。
定年・年金

【コロナ禍の定年退職】損しないための(体験談)100万円も得しました。

コロナ禍のなかで、退職される方は、必ず雇用保険(失業保険)の(退職)離職理由をチェックしてください。(退職)離職理由により、雇用保険(失業保険)の受給期間が増え、さらに国民健康保険料が大幅に軽減できる可能性があります。私はおよそ100万円 節約・節税ができました。非常に助かりました。
確定申告

【定年退職後の確定申告】還付申告で税金が戻ってきます。

退職した年は、これまで会社で行っていた年末調整が完全でないため、生命保険料控除、ローン控除等が計算されていません。退職後に渡さられる源泉徴収票と生命保険料控除、ローン控除等を用いて個人で確定申告することで、還付されます。ほとんどの人が対象になります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました