ライフプラン

スポンサーリンク
確定申告

【確定申告の所得と所得控除】理解して節税に、初心者にも解る税金計算の流れ

第二の人生の定年退職後のマネープランで、所得税、住民税、国民健康保険料、介護保険料等の節税は重要です。確定申告で「所得」と「所得控除」の内容を理解して「所得控除」を適正に申告し、所得控除額を増やすことで、大幅な節税対策ができます。特に所得控除の内容が重要になります。
老後・介護

【ダブル厚生年金】共働き夫婦の年金を理想的に受取りましょう。

共働き夫婦はダブル厚生年金の落とし穴で、損しないでください。共働き世帯の年金受給合計額が多くなり400万円以上になる世帯もあり、ゆとりある老後生活を送るには十分と考えておられる方が多いと思います。ここで考えないといけないマネープランは、夫婦のどちらかが先に亡くなった後の年金額のことです。
年金

年金額を増やしたい方、損しない方法を教えます。目標の年金額を決めマネープランを作りましょう。

目標の年金額の決め方と、損しない年金の受け取り方法を紹介します。定年退職前に目標の年金額を決め、第二の人生のライフプランを作り、ゆとりある老後生活を実現しましょう。
老後・介護

【定年退職後の起業】個人事業主になる選択は魅力いっぱい

人生100年時代で70歳以降の30年間の生活を想像してみてください。定年退職を機に、年齢に関係なく、時間にも拘束されない、趣味や資格や経験を活かして、生きがいの感じられる個人事業主になるライフプランを選択してみてはいかがですか、実現は夢ではありません。
生命保険

人生100年時代ライフプラン作成時に重要な生命保険の見直し方と基本知識を紹介します。

人生100年時代のライフプランを考えるとき、人生のターニングポイントで重要となる生命保険の見直し方と生命保険の一般的知識を、体験談も含めて紹介します。定年退職を迎え、老後の生命保険、医療保険の見直しと子供らに残す遺産を考えた資産運用について紹介します。
相続_贈与

「おしどり贈与」は奥様への感謝のプレゼント、相続対策にもなります。

この特例は、「婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できる」という特例です。2110万円まで非課税になります。
定年・年金

定年退職は第二の人生のスタート、素敵なライフプランの作成を

人生100年時代、60歳以降の定年退職は、第二の人生のスタート時点です。 60歳を還暦といのは、60年で干支が一回りして再び生まれた年の干支にかえることから、 元の暦に戻るという意味です。このように還暦の60歳は、第二の人生のスタート時点と考えるのに、最も良い年齢といえます。
定年・年金

【定年退職後のマネープラン】年金の繰上受給と個人事業主を選択(体験談)

ファイナンシャルプランナーの私が、第二の人生のライフプランを作成し、「年金211万円の壁=住民税非課税世帯」の恩恵を受けるため、62歳から「年金の繰上げ受給」を選択、さらに資格を活用し、年齢に関係なく、好きなだけ、働ける個人事業主になることを選択しました。
ライフプラン

人生100年時代のライフプラン

人生100年時代を迎え、多くの人は定年後の残りの人生をどのように過ごそうかと考えていると思います。定年は人生の一つのターニングポイント(節目)に過ぎません。定年退職は第二の人生スタートと考えるべきと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました