マネープラン

生命保険

内視鏡検査でポリープを取っただけで、手術給付金が簡単に受け取れます。

医療保険及び生命保険の入院特約に入っている方にお伝えします。日帰りの胃や大腸の内視鏡検査を受けられた時に、ポリープを切除した方は、スマホやタブレットで簡単に手術給付金の申請ができます。診療費明細内訳書をスマホやタブレットで撮影し申請するだけで、たった10分ほどで簡単に申請が完了しました。
確定申告

確定申告の裏技:「合計所得金額」と「総所得金額等」を理解して節税

定年退職後の「ゆとりある老後生活」の実現を目指して、筆者が推奨する「シニアFIRE」生活者が、「知っていると得する、知らないと損する」裏技テクニックを紹介します。 「シニアFIRE」生活者が確定申告で節税する重要なテクニックのひとつは、「合計所得金額」と「総所得金額等」を理解することです。
確定申告

確定申告e-Taxのエラーコード「TA-E10201」が発生

著者は、2022年分の確定申告を昨年に続きe-Taxで申請しました。2月から本格的な確定申告のシーズンです。いち早く今回の確定申告で経験した内容をお伝えします。
確定申告

定年退職者向け「知っていると得する、知らないと損する」節税・確定申告テクニック

筆者が提唱する「シニアFIRE」を始めて第二の人生を楽しんでいる人は、①年金収入と、②資産運用益収入があり、さらに資格や趣味を活かして始めた個人事業やアルバイトの収入③事業所得や、④給与所得がある人です。「シニアFIRE」を開始している方が、確定申告を行う場合の節税テクニックに関する記事を掲載します。
マネープラン

(年金211万円の壁=住民税非課税世帯)の恩恵

ファイナンシャルプランナー(FP)が、「年金211万円の壁=住民税非課税世帯」の恩恵の優遇措置を受けるための条件を徹底的に紹介します。65歳以上の夫婦二人の世帯は、世帯主の年金受給額が211万円を境に、住民税非課税世帯になる境界があり、受けられる優遇措置に大きな差が生じます。
定年

コロナ禍の定年退職者必見>住民税と国民健康保険料が大幅節税に

(体験談)令和3年度「市民税・府民税 非課税通知書」と「国民健康保険料 納入通知書」が6月に届きました。令和3年度の住民税が【0円】になっていました。さらに国民健康保険料は、所得割【0円】、均等割と平等割の軽減割合【7割】減で、25,540円/年が決定しました。R3年度の国民健康保険料の節税額は25万円以上になります。これから定年退職される方は必見です。
確定申告

【確定申告の所得と所得控除】理解して節税に、初心者にも解る税金計算の流れ

第二の人生の定年退職後のマネープランで、所得税、住民税、国民健康保険料、介護保険料等の節税は重要です。確定申告で「所得」と「所得控除」の内容を理解して「所得控除」を適正に申告し、所得控除額を増やすことで、大幅な節税対策ができます。特に所得控除の内容が重要になります。
確定申告

【定年退職後の確定申告】家族の社会保険料も控除され大幅な節税になる。

生計を一にしている家族の社会保険料を、本人(納税者)が支払った場合、その額も含めて確定申告することができます。特に定年退職後の確定申告で、配偶者等の家族の社会保険料も含めて申告することで、控除額が増え大幅な節税になります。
確定申告

【確定申告の還付申告】5年間いつでも申告できます。(戻ってくる税金の金額の調べ方はこちら!)

今回の記事の対象者は、一般的なサラリーマンの方です。特に定年退職された方は、翌年必ず確定申告を行い、税金の還付を受けてほしいとの思いから記事にしました。10万円以上還付される場合もあり、思っている以上の金額が戻ってきます。5年前に定年退職された方で、確定申告をしていない人も今からでも申告できます。
確定申告

【国税庁HPで確定申告】作成は簡単です。e-Tax(マイナンバーカードを使った)体験談を紹介します。

確定申告は難しいと思われていますが、国税庁のホームページの「確定申告書等作成コーナー」から行えば、難しくはないです。サラリーマンの方のほとんどは、確定申告を行っていません。定年退職された翌年は必ず確定申告しましょう。
タイトルとURLをコピーしました