KONO@FP

スポンサーリンク
年金

定年いろは塾【Ⅰ】公的年金を節税して、損しないで受け取る方法

一般的なサラリーマンのほとんどの方が対象です。50歳を超えたら、国民年金機構から送られてくる「ねんきん定期便」の内容を必ず確認して、定年後のマネープランを立てて、損しない年金の受け取り方を実践してください。
証券会社

令和3年8月3日)マネックス証券)ONCOMPASSとマネックスアドバイザー運用実績の推移

今後は、最新情報の更新は以下の記事行います。こちらの記事を参考に「おまかせ運用」の参考にしてください。👀AIを使ったロボアドバイザー「おまかせ運用」の資産運用実績の紹介 (teinenlife.com) 7月市況...
老後・介護

シニア「FIRE」=「経済的自立と早期退職」で、「ゆとりある老後生活」を実現しています。

「FIRE」=「経済的自立と早期退職」と呼ばれる生き方が、若い世代を中心に注目を集めています。定年を待たずに早期退職して、自由な生活を目指すというライフプランのことです。60歳の定年からの「FIRE」を、新たに「シニアFIRE」と提唱します。
スポンサーリンク
定年いろは塾

(年金211万円の壁=住民税非課税世帯)の恩恵

ファイナンシャルプランナー(FP)が、「年金211万円の壁=住民税非課税世帯」の恩恵の優遇措置を受けるための条件を徹底的に紹介します。65歳以上の夫婦二人の世帯は、世帯主の年金受給額が211万円を境に、住民税非課税世帯になる境界があり、受けられる優遇措置に大きな差が生じます。
老後・介護

【人生100年時代のラストのライフプラン】は介護まで想定し、家族の負担ないエンディングノートに

人生100年時代のラストのライフプランは、余生をどのように過ごすかです。自宅で安らかに最期を迎えるのがベストです。しかし要介護状態になってしまい、介護サービス費や医療費が高額になった時、さらに介護施設に入所する時に、家族に負担をかけずに最後を迎えたいですね。ラストのライフプランはエンディングノートになります。
証券会社

令和3年7月1日)マネックス証券)ONCOMPASSとマネックスアドバイザー運用実績の推移

マネックス証券で運用中のAI技術を活用した投資一任口座ONCOMPASSと(助言型)マネックスアドバイザーの運用実績の比較を紹介しています。
定年

コロナ禍の定年退職者必見>住民税と国民健康保険料が大幅節税に

(体験談)令和3年度「市民税・府民税 非課税通知書」と「国民健康保険料 納入通知書」が6月に届きました。令和3年度の住民税が【0円】になっていました。さらに国民健康保険料は、所得割【0円】、均等割と平等割の軽減割合【7割】減で、25,540円/年が決定しました。R3年度の国民健康保険料の節税額は25万円以上になります。これから定年退職される方は必見です。
ライフプラン

「損しない年金」「楽しむ資産運用」定年退職からのマネープラン

人生100年時代、第二の人生のマネープランで「ゆとりある老後生活」を実現させる方法を、モデルケースを想定して紹介します。60歳からでも、まだ間に合います、本記事を参考に「損しない年金の受け取り方」と「楽しく資産運用」で是非「ゆとりある老後生活」を実現してください。
老後・介護

体験談)ゆとりある老後生活を実現した資産運用

専業主婦の妻と子供二人の一般的なサラリーマンが、第二の人生のライフプランと老後生活のマネープランを立て、ゆとりある老後生活を実現しています。今回の記事は、ゆとりある老後生活の実現のための資産運用を紹介します。これまでの株式投資・投資信託・外貨建投信・外貨建保険の資産運用の体験談を紹介します。
証券会社

【定年退職後の資産運用】AIを使ったロボアドバイザー「おまかせ運用」(マネックス証券での運用実績の紹介)

人生100年時代、第二の人生のライフプランで「ゆとりある老後生活」を実現するためには、少しでも早い時期から資産運用を始めてください。定年を迎えられた方も、まだ遅くないです。退職金の使い道が決まっていない人、資産運用の選択肢の一つとして、マネックス証券の「おまかせ運用」をお奨めします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました